出版、TV業界が頭を悩ませる藤井リナ“解禁”のタイミング

2013年10月06日 11時00分

踏ん張りどころの藤井リナ

 9月に大手事務所スターダストから独立したモデル藤井リナ(29)が、苦戦を強いられているという。

 8月末には一般男性との結婚報道もあったが、即座に本人がブログで「結婚の事実はありませんのでご心配なく。笑」と否定した。その裏事情を出版社関係者が明かす。

「すぐに否定したのは、独立してからの“武器”にしたいという思いがあったからといわれている。大手事務所を独立し、以前と同じようにやっていけるとは本人も思っていない。だから結婚ということをきっかけに、ファッション誌などで仕掛けをしていくプランを練っているそうだ。だから先に報道されるのは困るということだったようだよ」

 独立してしまえば、これまで顔が利いたファッション誌でもなかなか取り上げてくれなくなるのが芸能界。

 それでも、独占で結婚のインタビューなどができるとなれば、取り上げたいという媒体も出てくるだろう。

「ただ、そのプランも難航しているようだ。すんなりいけば秋にも結婚発表があるんじゃないかといわれていたが、どうもそれも立ち消えっぽい。そもそも今回の結婚報道は、前の事務所の仕掛けといわれているが、どこも藤井を起用することでスターダストとの関係が悪化しないか懸念しているようだね」と同関係者。

 その流れは出版関係だけではない。「テレビ業界の人間だって、あえて藤井を使うという人はいないでしょう。スターダストさんにケンカを売るようなところはないですよ」とテレビ局関係者は指摘する。

 露出が減ればアッという間に忘れ去られてしまうのが芸能界。ただ、「今でも根強いファンはいますよ。タイミング次第じゃないですか」と言うファッション誌スタッフもいるだけに、藤井に吹くのは逆風ばかりでもなさそうだが…。