GMT優希美青 あまちゃんは「私の財産」

2013年09月29日 10時55分

映画「空飛ぶ金魚と世界のひみつ」初日舞台挨拶に登壇した優希美青

 NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」で、アイドルグループ「GMT47」メンバー・小野寺薫子役を演じた優希美青(14=ゆうきみお)が28日、都内で初主演映画「空飛ぶ金魚と世界のひみつ」の初日舞台あいさつに登場。この日をもってフィナーレを迎えた「あまちゃん」について「私の財産になりました」と振り返った。


 優希は俳優のダンカン(54)、女優の佐藤仁美(33)らと舞台あいさつに登場。最初にダンカンが「NHKのあまちゃんが最終回、こんな作品にはもう出会えない。あ、そばにいました!」と大げさに振ると、優希は「私のおばあちゃんが朝ドラのファンで、出られてとてもうれしかった。地元(福島県)の東北を舞台にしている作品で、それだけでもうれしかったです。私の財産になりました」と笑顔いっぱい。


 また、友人からは「どうして『あまちゃん』を終わらせたの?」とLINEを通して抗議(?)が多数送られたことを明かした。


 抗議といえば、ダンカンも同じのようで、「僕もCM監督として出ているんですけど、朝から晩まで撮影して出演はたったの2秒ぐらいだった」とブツブツ。「『あまちゃん』なんて終わりにしろ!とNHKに抗議しようと思った」と語り、会場の笑いを誘った。