あまちゃん“本当の結末”怪情報を本紙追跡

2013年10月01日 11時00分

 この春から夏、一大ブームとなったNHK連続テレビ小説「あまちゃん」が28日朝、最終回を迎えた。脚本を担当した「クドカン」こと宮藤官九郎氏(43)は、シナリオを書き終えた際「『こうなるよね』というラスト」とほのめかしていたが、どうやら本人的には違う結末にしたかったようだ。そんななかつい最近、能年玲奈(20)演じる主人公アキはあの“じぇじぇじぇ”な男と結婚するという怪情報がネット上に流れていた――。

 


 NHKの「あまちゃん」公式サイトでは、最終回のあらすじを事前にこう明かしていた。


 2012年7月1日、北三陸鉄道リアス線は被災した一部区間が復旧。一方、袖ヶ浜では海開きが行われ、アキたち海女の実演を見るため大勢の人が押し掛ける。その後、ユイ(橋本愛)とともにお座敷列車に乗り込んだアキは、北鉄車内で2人が初めて出会ってから4年、地元民に見守られながら「潮騒のメモリー」を歌う――(要約)。


 実際この通りにドラマは結末を迎えた。ストーリー展開でのサプライズはなかった。


 クドカンは6月に最終話の脚本を書き終えた際、自身のブログで次のようにつづっている。


「自分らしい終わり方と、朝ドラらしい終わり方の、どちらを取るか、実はこの4、5日揺れに揺れていました。結果、俺らしくもなく、たぶん朝ドラらしくもない終わり方になったんじゃないかと思う。仕方ない。俺は朝ドラの最終回を見た記憶がない。しかも、俺らしい終わり方なんて自分じゃわからない。というわけで『こうなるよね』というラストだと今は思う。わからない。変わるかも知れない」


 その5日後のブログでは「あまちゃん最終週の本直しに向けての打ち合わせ。我がまま通じなかった。でも仕方ない。直す」と書いている。全編を通し小ネタをちりばめ“クドカンワールド”炸裂だったが、歴史ある朝ドラ枠だけに、最後はNHK的な無難な締めくくりで妥協したようだ。