星野源 くも膜下出血再手術成功で復帰準備

2013年09月26日 18時21分

 くも膜下出血手術後の体調不良のため、6月末から再び活動を休止していたミュージシャンで俳優の星野源(32)が再手術に成功したことが26日、分かった。公式サイトで発表した。

 

 事務所関係者らが同サイトで「先日、再手術を行い、無事成功いたしました」と報告。そして「現在は、今後の再発の心配もなく退院をし、術後の経過観察・検査を受ける中、活動復帰の準備をさせていただく段階まで回復しております」とファンにとって朗報を届けた。

 

 星野本人も元気なコメントを次のようにつづる。「退院直前、医師から『これで完治です』と聞いたとき、本当に有り難くて堪りませんでした。『どれだけ歌っても、動いても、何やっても大丈夫です』と。もう少し時間を頂いて、しっかり元気な姿で皆様にお会いできるよう、一生懸命体力作りをしたいと思います」

 

 昨年12月にくも膜下出血の手術を受け、今年3月に復帰していた。 星野は28日公開の映画「地獄でなぜ悪い」(園子温監督)にも出演している。