壇蜜 「甘い鞭」初日に甘いアメを観客に配る

2013年09月21日 17時59分

“エロスの女王”壇蜜(32)が21日、都内で行われた、主演映画「甘い鞭」の初日舞台あいさつに間宮夕貴(22)、石井隆監督(67)と出席した。

 壇蜜の役どころは拉致監禁、陵辱の壮絶過去を持つ美人女医で、SMクラブのM嬢という裏の顔を持つ女だ。奇才・石井監督が「2時間ほど、“サボリーマン”をハラハラさせる映画」というだけあって、客席のほとんどは男性客。後ろ扉から壇蜜が登場すると「うなぎパイ」を差し入れたり握手を求めたりと、会場中が大興奮だ。

 男をとりこにするのはお手のもの。「『甘い鞭』があるということはアメもいりますよね。昨日の4時半に思いついて一人、ドン・キホーテに行って二度見されながら買ったアメです。一人2個ね」と観客全員にアメを振る舞う大サービスだ。

「3連休の初日の真昼間からこんな重い映画を見て! もう!」と壇蜜流“アメとムチ”を繰り出して、会場中の男性を骨抜きにした。