バイト夫に優しい?鬼教官

2012年06月22日 12時00分

 女優の豊田エリー(23)が20日、都内の女子高で行われたオーガニックコットン普及プロジェクト「〝地球にもっとやさしい〟をもっと身近に」教室に先生として登場し、女子高生から拍手と「かわいい!」の歓喜の声で迎えられた。

「手を挙げないんなら勝手に当てますよ!」と鬼教官の顔ものぞかせながら、生徒と環境について考えた。

授業を終えた豊田は「もっとクールにキメようと思ったんですが、照れてダメでした。キリッと眼鏡かけてくればよかったなぁ」とキャラ作りの失敗を反省。

「彼(夫で俳優の柳楽優弥=22)も講師に興味があるみたい」といい、写真週刊誌に事務所に内緒の「居酒屋バイト」を報じられたバイト好きな夫には「彼が先生をやるんならボソボソしゃべるので歴史の先生とか!」とオススメした。

 豊田も柳楽のバイトには理解を示しており「今は(舞台「海辺のカフカ」の)大阪公演に打ち込んでいます。(バイトを)いつ辞めてもいいとは思うんですが、接客頑張っていましたよ~。目上の方に対して『こんな言葉知ってるんだ』と私が思うくらい丁寧になった。大人になりましたね」と、妻というより母親のように目を細めていた。