ブラマヨ小杉「通天閣に登る」

2012年06月21日 18時00分

 大阪・枚方市にある遊園地「ひらかたパーク」のイメージキャラクター「ひらパー兄さんDX(デラックス)」こと、お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」の小杉竜一(38)が20日、大阪の象徴「通天閣」とのコラボイベントを通天閣内で行った。

 ひらかたパークと通天閣はともに100周年ということもあり、実現したコラボで、体は通天閣に鎮座する幸福の神様「ビリケンさん」、顔はひらパー兄さんの小杉という「ビリパー兄さん」像を制作。ひらかたパーク内で展示・公開する。

 同イベント内でひらパー兄さんがビリケンさんの足の裏にビリパー兄さんの頭を100秒こすりつけ、ご利益を注入した。

「しっかり注入されてます。ご利益パンパンで熱くなっております。ご利益をおすそ分けしましょう、ヒーハー」と、小杉は満足げな表情でPRした。

 イベント終了後の囲み会見では、過去の恋人たちとの通天閣エピソードを披露。「当時、付き合っていた女性と、よくデートで来た。『あそこが俺の家やな』とかベタな会話をさせてもらいました」と恥ずかしそうに語った。

 しかし、何人の女性と来たかの質問に関しては「当事者からも『エエ加減にせえよ』とメール来たので、ご想像に任せます」と急に歯切れが悪くなってしまった。

 また、18日に映画のイベントでスパイダーマンが通天閣を登ったことに対して「許されるならスパイダーマンに負けないぐらい、ぶら下がりたい」と宣言。通天閣の高井隆光副社長(37)が「いいですよ」と即OKを出し、「ひらパー兄さんに二言はないはず。通天閣が立ち続ける限り、お待ちしてます」とプレッシャーをかけていた。