コスプレ好き亜里沙 ブルマ復興願う

2013年09月16日 11時05分

 グラドル・亜里沙(24)が15日、東京・高輪警察署で一日署長を務めた。


 官公庁の「一日○○」といった大役は初めてという亜里沙は、警察官のコスチュームに身を包んで登場。「ビシッとした感じ。身が引き締まる思いでいっぱいです」とキリリとした表情を浮かべた。


 もともとプライベートでもコスプレ愛好家で、警察官のコスチュームも持っているという。コレクションの中で最も気に入っているのは、昔ながらの体操服だとか。「(ブルマーを)先頭切って、もう一回復興させたいなと思います」と真顔で意気込んだ。


 また、この日は一日署長ということで「本当に取り締まりに挑んでみたい。駐車違反をしている人に『ダメですよ』と言ったりして」。現在、一番取り締ってみたい人は、所属事務所「サンズエンタテインメント」の野田義治会長だという。「たまに撮影会とかに来ると、『ブス』と言われる」と口が悪いことで有名な野田会長に、さすがの亜里沙もお怒りの様子だった。