NHK杉浦アナが巨乳アピール路線に変更

2013年09月18日 11時00分

 


「杉浦アナ自慢のバストが少々、しぼんでしまったようです。衣装もしばらくは体形が隠れるものを着ていましたから、視聴者は分からなかったと思います。自分に責任があるとはいえ、局員は同情してましたよ。オンエアに際しては化粧でごまかしてましたけど、顔もツヤがなかったです。カメラの前では笑顔でしたけど、相当心労がたまっていた」と前出関係者。あの「Fカップバスト」がしぼんでしまうのは、男性ファンにとっても残念無念。魅力も半減だろう。


 ところが、このまま小さくなってしまわないのが杉浦アナだ。最近になって“ある変化”が…。しぼんでしまったはずのバストをあえて、アピールし始めたというのだ。


「服の露出度が高くなってきた。胸元のざっくり開いた水玉のワンピースとか、特にバストを強調するような服装が増えてきた」(事情通)


 スポーツの取材現場などでも、選手たちがついつい目を奪われてしまい、1番の注目の的となっている。


 この事情通は「ある心境の変化があったようだ」と明かす。


「要は気持ちが吹っ切れた。もともと、おしとやかなタイプというよりは天真らんまんな性格。これまではどうしても、山岸と比較されて、自分の色を出し切れてなかった。山岸は結果を残して、周りの声を抑え込んできた。杉浦も『自分のやり方で結果を出そう』と闘争心に火が付いたみたい。また見られることでオッパイもでっかくなっていきますからね(笑い)」(制作スタッフ)


 いずれにせよ、あのフェロモンバストをこれまで以上にアピールしていくというから、ファンはたまらない。自らの殻を破った杉浦アナ。いろいろな意味で今後は要チェックだ――。