安達祐実 熱愛否定も子供との別居認める

2013年09月15日 11時00分

写真集「私生活」刊行記念イベントに登場した安達祐実

 女優の安達祐実が32歳の誕生日を迎えた14日、都内で写真集「私生活」(集英社)の発売記念イベントを行った。


 9作目となる今作は、ドラマの現場や楽屋、自宅、八丈島などで約2年半にわたって撮影。今年で芸能生活30周年を迎えるということもあり、セミヌードまで披露した大胆な作品に仕上がった。


 安達は「(芸能生活30周年ということで)何か残したいなと思った。自分の中で自由な気持ちを示したかったのでセルフプロデュースという形にしました。なるべく制限なく私を知ってほしい」と出版の経緯を明かした。


 もともと安達は子役のイメージが強く、それに悩まされ続けた芸能生活だったという。「過去にとらわれず、成長した自分を見てほしい」という意味も込め、セミヌードのような露出の高い写真も採用した。


 一部週刊誌に今回撮影したカメラマンとの熱愛を報じられたが「恋愛関係にはありません。自宅に来ることはありますが、(カメラマンは)合鍵を持っていない。密室で撮るときは誰かもう1人同席させていた」とキッパリ否定。また、現在特定のパートナーがいないことも明かし、「娘もいるので、なかなか…」と恋愛には慎重になっているようだ。