ビッグダディのプロレスデビュー戦に金爆参戦も

2013年09月12日 11時00分

福田(右)との合体技「親ごと刈れ」を披露したダディ

 強力な刺客が“緊急参戦”か!? 「ビッグダディ」こと林下清志さん(48)がプロレスデビューする青森県の野外フェス「夏の魔物」(14日)で、ダディの対戦相手のセコンドに、人気エアバンド「ゴールデンボンバー」(金爆)が就任するのではという極秘情報をキャッチした。実現すれば、熱狂的な金爆ファンが襲来し、完全アウェー化は必至。ダディも大ピンチだ!!

 ダディの対戦相手、DDTのゲイユニット「ほもいろクローバーZ」(男色ディーノ=36、大石真翔=34)のセコンドに、金爆の歌広場淳(28)が就く可能性が高まった。いったいどんなつながりがあるのか?

 きっかけは1か月前。歌広場がプロデュースするフルーツパーラー「オータムリーフ 秋葉原店」(東京・千代田区)が、ダディと“親子タッグ”を組む福田洋(25)に“襲撃”されたという。

「歌広場は憤慨。恨みを晴らすべく、その機会を虎視眈々と狙っているとか」(音楽関係者)

 それに気づいたディーノが直々にオファーしたようだ。

「もともとディーノさんは、歌広場がお気に入りだったらしいからね」と声を潜めるのはレコード会社関係者。

 かたや、歌広場も“ゲイ疑惑”がささやかれ、本人の公式ブログのプロフィール「趣味」の欄には「強いて言うならイケメン鑑賞」と記述。ディーノの要請なら受けることは十分考えられる。しかも、鬼龍院翔(29)ら、全メンバーを引き連れて“参戦”するのでは!?ともっぱらだ。

 関係者はいずれも異口同音に「噂レベル」と首を振る。一方、主催者側は「分かりません」との回答だった。

 ただ、実現すれば熱狂的な金爆ファンの大挙来場もあり得る。そうなると、当然、ディーノ陣営の歓声は大爆音化。ダディは晴れの舞台で完全アウェーを強いられる。

 当のダディは10日、都内で福田らと猛特訓。親子合体技「親ごと刈れ!」に取り組んだ。

 この技は、相手レスラーを高々と担いだダディを、福田がSTO(大外刈り)でダディの足ごと豪快に刈り、ダディと相手レスラーともどもマットに叩きつける一撃必殺技。ダディが大好きな故橋本真也さんと小川直也(45)の合体技「オレごと刈れ!」に着想を得て開発された。

 福田は「パパが身を犠牲にしてでも勝利をつかもうとする意気込みを感じる」と手応えを口にする。

 ダディは金爆の“襲来”の可能性に「全く何とも思わないですよ」と意に介さなかったが、「俺の娘たちがゴールデンボンバーさんがブレークする前からファンなんだよね。向こうも娘たちがファンと知ってて、握手会で娘が『あっ、ビッグダディの娘さんですよね』と鬼龍院さんから言われたって喜んでたし。ん~、ディーノ側に寝返るかもしれない」

 迎え撃つダディ陣営のセコンドは、ミュージシャンのROLLY(ローリー寺西=50)に内定。セコンドも含め“異色マッチ”となりそうだ。