西川きよしにソックリの像に森昌子ビックリ

2013年09月05日 16時00分

西川きよし(左)と森昌子

 今年、芸歴50周年を迎えるお笑いタレントの西川きよし(67)が4日、大阪市中央区のお笑いの殿堂「なんばグランド花月」で、「小さなことからコツコツと像」の除幕式を行った。

 きよしは6日から同劇場で始まる「西川きよし芸能生活50周年記念公演 コメディ水戸黄門」(28日まで)で主役の水戸黄門を演じる。この日は、劇中の衣装でなんばの商店街や道頓堀を練り歩いた。あいにくの雨模様だったが、きよしが歩く時だけ、ピタッと降りやみ、スターの底力を見せつけた。きよしも「自分は晴れ男だと改めて自身を持った」と上機嫌だ。

 また、同舞台は女優・森昌子(54)も出演するが、除幕式で見た妙にリアルな像に「うわっ、ソックリですね」。また、きよしは司会を務めた息子の忠志(45)に「間違っても、これを墓石にするなよ」と忠告した。

 小さなことからコツコツと像は、この日から舞台が終了する28日まで同劇場で展示される。