是枝裕和監督「そして父になる」カンヌ秘話明かす

2013年09月04日 16時00分

是枝裕和監督(左)と瀧本幹也撮影監督

 カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した福山雅治主演映画「そして父になる」(28日公開)の是枝裕和監督(51)と瀧本幹也撮影監督(年齢非公表)によるトークショーが3日、都内で開催された。

 今作はCM畑を歩んできた瀧本氏の初映画撮影作品。カンヌで上映された際の興奮を瀧本氏は「男性客はタキシード、女性客はイブニングドレスを着ていて日本の映画館とは反応が違った。2400人が泣いたり笑ったり」と振り返る。

 是枝監督も「映画を作った人たちへのリスペクトが演出されている舞台で身が引き締まった。でも、褒められてうれしくて泣いたわけじゃない。最初に泣いたのは瀧本さんでしたよね」。
 
 カンヌで10分間にわたるスタンディングオベーションを浴びて、福山や是枝監督が男泣きした原因が“もらい泣き”だったことを明らかにした。