再々婚・聖子の絶妙アプローチ法

2012年06月21日 18時00分

 電撃再々婚で世間を驚かせた松田聖子(50)と慶大医学部准教授でイケメン口腔外科医・K氏(48)の新事実が続々と明らかになった。

 

 K氏は10年12月ごろに前妻と離婚。前妻との間には双子の息子がいる。K氏について、病院関係者は「物腰はやわらかで仕事熱心。ナースの昼食の誘いにも快く応じ、ランチ代はすべてオゴってくれる。バレンタインデーのお返しも3倍返し。離婚後、狙っていたナースは多かった」。

 

 K氏は離婚後、同じ病院に勤める30代美女と交際。関係者は「2人の付き合いは院内では広く知られた話。てっきり彼女と再婚すると思っていたのですが…」と話す。

 

 そこに現れたのが聖子だ。少なくとも2年以上前から両者は面識があり、当初は主治医と患者の関係だったが、聖子はそのころから知人に「歯医者さんにすてきな人がいるの」と告白。虎視眈々とK氏を狙っていたフシがあるという。

 

 一方でK氏を知る人物は、「5年ほど前、同僚飲み会の二次会でカラオケに行った時にある女性が聖子ちゃんの曲を歌ったら『やっぱり僕らの世代は松田聖子だよな~』と満足げに話していました。実は聖子さんの隠れファンだったんです」。

 

 そうとなれば話は早い。離婚後に交際していた30代美女とは「昨年末にはK氏から別れを切り出したそうです。その裏にはやはり聖子さんの存在があったのでしょう」(前同)。

 

 聖子のアプローチもまた絶妙だった。「男性は相手がスーパーアイドルということで構えてしまう人もいると思いますが、プライベートの聖子さんはぶっちゃけ、気さくなただのオバちゃん(笑い)。普段は世間話も全然しますよ。そこに差し入れ攻勢も加われば、男はメロメロですよ」。そう証言するのは聖子を知る関係者だ。

 

 略奪とは言わないまでも、聖子の〝狙い〟はズバリ的中。23日にコンサートツアーのため公の場に立つ聖子。その口から何が語られるか注目だ。