え?「半沢」効果で井戸田潤に“追い風”

2013年08月20日 11時00分

 お笑いコンビ「スピードワゴン」井戸田潤(40)に最近、大きな注目が集まっている。2009年に元妻・安達祐実(31)と離婚してからは“復縁話”ぐらいしか話題がなかったのに、一体なぜ? あの大ヒットドラマのおかげだという。

 井戸田が安達との結婚や「あま~い!」のギャグでプチブレークしたのは、今や昔の話だ。イベント等に出演しても、聞かれるのは4年半前に離婚した安達のことばかり。先日もイベントに登場し、安達が9月にセミヌード写真集を出版することに対し「胸がざわざわしています」、復縁話について「それについて答えると(安達に)怒られる。もう、怒られたくないので」などとコメントするくらいなもの。

 だが、最近になってなぜか猛烈な“追い風”が吹き始めた。

 ハッキリ言って井戸田は鳴かず飛ばずの状況だが、大ヒットドラマとなったTBS系「半沢直樹」のおかげで大きな飛躍を遂げそうだというのだ。もちろん井戸田は「半沢」に出演しておらず縁もゆかりもないのだが、ある誤解がキッカケで妙な現象が巻き起こっているという。

「『半沢』の原作者が井戸田だとうっかり間違えちゃう人が、業界内で続出しているのです。原作者の名前は直木賞作家の池井戸潤氏。確かに井戸田潤と字面は似ており、パッと見て間違えてもおかしくない。最近は作家業に乗り出す芸人も多いですしね。この誤解のおかげで、井戸田の注目度、需要が急上昇しているのですよ。間違えてオファーを掛けてしまったウッカリ者まで現れたとか」と芸能プロ関係者。

 井戸田からすれば、まったく何もしていないのにいい意味で注目を集める事態となった。このチャンスを生かせるかは、本人次第だろう。早くも「半沢」に絡んだ新ギャグを開発中という怪情報も流れているが、この流れに乗れるか。