双子も!16代目ミニスカポリス誕生

2013年08月18日 11時00分

16代目ミニスカポリス、左から、なみあやか、大文字希望、加藤美祐、大文字春奈、橘知衣代

 これが16代目ミニスカポリスだ! 8月31日~9月1日に行われるイベント「SUPER WEEKEND2013」(長野市オリンピック記念アリーナ)の出演をPRするため、16代目ミニスカポリスのメンバー5人が16日、東京・江東区の東京スポーツ新聞社を訪れた。

 同イベントの出演がデビューとなる16代目ミニスカポリスにとっては本紙の取材が“取材初体験”。最初は緊張の表情だったが、リーダーの加藤美祐(24=T168・B80・W58・H85)は、「全員が同じ学年なのでとにかく団結力があるんです。制服の色もスカートの丈もかわいらしくセクシーに一新されました。夏の最後の思い出をつくりに私たちに会いに来てください」ときっちりアピールした。

 確かにスカート丈が短くなっているが、目玉はこれだけではない。なんと双子のミニスカポリスが誕生したのだ。大文字希望(のぞみ=25、T162・B85・W57・H88)と大文字春奈は髪形こそ違えど、スリーサイズまで完全一致。「自分たちは似ていると思っていないんだけど、似ているって言われることはうれしい」と声を揃えた。

 大阪出身の橘知衣代(25=T169・B83・W58・H85)が「歴代の先輩ポリスに負けないように頑張りたい」と意気込めば、元ナースという異色の経歴を持つ、なみあやか(24=T157・B83・W60・H87)も「歌に自信はないので私はその分動くしかない。ダンスで魅せます」と気合十分だ。16代目ミニスカポリスは9月から本格的に活動を開始。インターネットテレビ「16代目ミニスカポリスのニコジョッキー」(隔週水曜)に出演するなど、今後の活躍から目が離せなくなりそうだ。