AKB美術部展覧会の見どころ

2012年06月18日 21時43分

 AKB48美術部の展覧会(都内)が、初日前日の先日マスコミに公開された。

 

 この部活は、AKBとその関連グループ内で発足。部員たちの美術作品が展示されるほか、大島優子(23)、前田敦子(20)らの衣装や川柳などを展示した「AKB48秘宝館」も併設される。

 

 秋元康プロデューサー(56)の似顔絵を描いた際、「ズバ抜けて下手くそだった」という理由で秋元氏から部長に任命された片山陽加(22)は、「ラフで入りやすい美術展を目指しました。写真も撮り放題です」などとあいさつ。18歳以上の入場料2000円と強気の料金設定にも自信をのぞかせた。

 

 藤江れいな(18)は「私が作った自画像はひどい絵。下手だけど見たまま描いている」と開き直り。それでも佐藤夏希(21)は「美術では私たちがセンターを取れるよう頑張りたい」と決意を語った。