「山Pドラマ」ヒロイン香里奈に同情の声

2013年08月17日 11時00分

ドラマをPRした香里奈(14日、大井競馬場でのトークショー)

 ジャニタレ山下智久(28)が主演でも、フジ月9ドラマ「SUMMER NUDE」は12日の第6話を終えた段階で平均視聴率約13・2%。ヒロインの香里奈(29)、戸田恵梨香(24)、そして友情出演の長澤まさみ(26)で脇を固めたのに低空飛行だ。

 フジ関係者が「気の毒」と嘆くのが香里奈と戸田。“犬猿の仲”として有名な山下と長澤の“緩衝材”の役目をこの2人が果たしているという。

「山Pと長澤は6年前の月9『プロポーズ大作戦』でW主演を務めたけど、ワガママがヒドかった長澤を山下が毛嫌いしたのは有名な話。ただ平均視聴率17・4%、最高視聴率は最終話の20・9%と健闘した。だから制作側は今回、山下・長澤を共演させ話題作りを狙ったけど、山下側は『もうあの子とはイヤだ!』と長澤起用に難色を示した。結局、相手役に香里奈、戸田という人気女優がキャスティングされ、それが緩衝材となって山下サイドもOKしたんだ」

 その香里奈は14日、「東京シティ競馬」(大井競馬場)で行われたトークショーで、第7話以降について「三角関係、四角関係があったけど、仕事に恋に発展があります」とPR。この日の第12レースでは「SUMMER NUDE賞」とドラマタイトルの冠名レースも開催された。

「東京シティ競馬でのドラマの冠名レースは、今年2回目で、6月5日に行われた『ラスト・シンデレラ賞』以来。4月クールの『ラスト・シンデレラ』は、初回から第7話まで視聴率が右肩上がりという民放ドラマ史上初の快挙を記録した。そんなヒット作にあやかろうと、今の月9制作陣も必死なんだ」(前出のフジ関係者)

 香里奈のPRが実ればいいが。