ボクシング元日本王者がアダルト男優デビュー

2013年08月12日 11時00分

現役時代の雄二・ゴメス(2001年9月)

 元日本フェザー級王者で米国出身の雄二・ゴメス(41)が、10月発売の作品でAV男優デビューすることが明らかになった。ボクサーとしての実績も十分な男が、なぜ異世界に飛び込んだのか。そこには、無類の女好きの一面と、おそらく実現不可能な野望が関係していた。

 ゴメスは元日本フェザー級王者で、7戦連続1ラウンドKO勝ちの日本記録はいまだに破られていない。現在もトレーニングを欠かしておらず、年内には東京・新宿でボクシングジムを開設する予定だ。はたから見れば、2009年の引退後、順調なセカンドライフを送っているとしか映らない。

 にもかかわらず、ゴメスが挑戦したのはなんとAV男優だ。本紙の直撃にゴメスはこう語る。

「今年の春ごろだったかな。ある日本人の友人が冗談半分で『いい体を生かしてAV男優をやってみない』と言ってきたんだ。オレはチャレンジが大好きな人間だから、『やるよ』って即答したさ。その友人はいろんな知り合いがいて、AVメーカー(Plum)を紹介してもらってデビューが決まったワケだよ」

 決してお金に困っていたわけではない。とにかく女好きなだけに、AV女優を抱ける仕事に飛びつかないはずはなかった。

「オレはAVを見るより実際にヤル方が好き。今までいろんな女のコと寝てきたよ。人数にしたら100人以上だし、いろんな国(日本、イタリア、韓国、スペイン、ドイツ、パナマなど)のコがいたよ。若いときは一度に何人ものコと同時にお付き合いしたこともあったかな(笑い)」

 

<次ページ>25センチ砲に女優もメロメロ