衰え知らぬガンダム…今度は「シャアの金塊羊羹」

2013年08月05日 11時00分

「1/1シャアの金塊金粉羊羹」を手にするモデルの坂部麻理奈

 アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの人気は、1979年の放送開始から30年以上たつにもかかわらず、いまだ衰えを見せない。昔“生”で見ていた現役世代から子供たちまで幅広い層から支持されており、今でも関連ヒット商品が続々と生まれている。

 その筆頭が昨年、260万丁超も売れて大ヒットとなった「ザクとうふ」シリーズだが、いま注目を集めているのは「シャアの金塊羊羹」シリーズだという。
 ガンダムカフェ秋葉原店、東京駅店、お台場店の3店舗で発売されている「1/1シャアの金塊金粉羊羹」「シャアの金塊栗羊羹」の2種類は、1461年創業の老舗和菓子屋「京三条駿河屋」とのコラボ商品。

「ガンダムカフェには日本人はもちろん、外国人観光客も多い。だから日本の良さを知ってもらおうと、日本の老舗メーカーとのコラボ商品の開発に乗り出しています。『シャアの金塊羊羹』シリーズはまさにそれで、大きな話題を呼んでいます」(関係者)。発売したばかりだが、売れ行きは絶好調という。

 ガンダムの主要キャラであるシャアの妹セイラのコスプレをし、秋葉原店を訪れたモデル坂部麻理奈(22)も試食。「ようかんは思っていた以上に食べやすくて、おいしかったです。外観でガンダムの世界観に浸りつつ、おいしいものを堪能できるなんて、こんなにうれしいことはないですね」と大絶賛だ。

 また秋葉原店と東京駅店では9月3日まで、「機動戦士Zガンダム『Z・刻を越えて』フェア」を開催中。限定メニューが提供されている。