「あまちゃん」大野いと 野球選手との結婚を妄想

2013年08月02日 11時00分

 NHKドラマ「あまちゃん」に出演中の女優大野いと(18)が1日、東京・港区の八芳園でゆかた撮影会を開いた。


 赤いボタン柄のゆかたで登場した大野は、佐賀県出身のアイドル役を熱演中。


 この日はあまちゃんのクランクアップ。「ダンスの練習をやってGMT47に一体感が生まれた。ドラマで終わるのは惜しい。もっとやりたかった。メンバー皆で『紅白に出たいね』と言っていて、機会があれば出たい。『地元に帰ろう』は歌いたいが、やっぱり『潮騒のメモリー』が一番好き」とドラマの中で歌っている曲で紅白に出場したい意向だ。


 福岡県出身で大の鷹ファン。年2~3回は福岡ドームに応援に行ったという。「杉内選手が好きだったけど巨人に行ってしまった。あのころは強かったのに。巨人め!」と恨み節。


「そういえば共演の橋本愛ちゃん(17)は巨人ファンだって。以前は野球選手との結婚を妄想した。食事のこと考えて準備しなきゃとか、マンションかなとか」。かなりユニークなタイプのようだ。


 そろそろ適齢期。「ほれやすくて、仲良くなると身近にいる人を好きになる。友達感覚か、恋愛か分からないけど。外見より中身重視でマンガ『MAJOR』の主人公・茂野吾郎みたいなタイプがいい。恋人はいてほしいが、今はいない。姉からは『なんで付き合わんの』と言われる」


 憧れの女優は所属事務所の先輩・綾瀬はるか(28)。「NHKの隣のスタジオで『八重の桜』を収録していて、綾瀬さんに会って声を掛けてもらうと、その日はずっと幸せになる。性格も芝居も憧れている」


 今後はドラマ「山田くんと7人の魔女」(フジ系、8月10日スタート)に出演する。