土屋アンナ 舞台中止騒動後初登場に報道陣40人

2013年07月31日 19時10分

 舞台「誓い~奇跡のシンガー」の中止騒動の渦中にある女優の土屋アンナ(29)が31日、都内で騒動後初めて報道陣の前でコメントした。

 この日、土屋は衛星放送番組「WOWOWザ・プライムショー」に出演。土屋が姿を見せるとあって、渋谷のスタジオ「WOWOW渋谷ステーション」にテレビカメラ7台、報道陣約40人が待ち構えた。ちょうど会社員の帰宅時間と重なったため、周囲は黒山の人だかりとなった。

 土屋は本番約1時間前に、スタッフが運転する車で到着。ピンクのワンピースの上にTシャツを羽織り、サンダル姿で報道陣の前に姿を現した。

 土屋は開口一番「ファンの方やチケットを買って楽しみにしていた方に申し訳ない思いでいっぱいです。濱田さんも傷ついているかもしれないし、迷惑をかけていると思うと残念」と謝罪。続けて「それ以外のことは弁護士さんに相談しているので今日は話せません」とコメントした。

 リポーターから「濱田さんは(舞台を)了承している?」と質問が飛ぶと、土屋は「ブログがすべてです」。また「(舞台のパーティーがあった)16日以前から参加しなかったという話もあるが?」と聞かれると「弁護士さんがきちんとお話します」を繰り返した。最後に「アンナさんは自分の言っていることに自信ありますね?」と念を押されると、笑顔でコクリとうなずき、スタジオに入っていった。

 今回の舞台中止は主催者が「土屋が原因」と発表したため騒動に発展。しかし、土屋サイドが「事実無根」と反発し、それを舞台原案「日本一ヘタな歌手」の著者・濱田朝美氏が擁護するコメントを発表したため、現在収拾がつかない状態となっている。