「マジンガーZ」まさかの美少女アニメ化

2013年07月30日 11時47分

(C)ダイナミック企画・東映アニメーション (C)ロボットガールズ研究所

 えっ、マジンガーが美少女に!? 昨年12月に放送開始40周年を迎えたロボットアニメの金字塔「マジンガーZ」。これを記念し、2014年1月にマジンガーZ、グレンダイザーなどスーパーロボットを美少女化したアニメ「ロボットガールズZ」(スカパー!、ケーブルテレビほか)がスタートする。

 

 ヒロインは「マジンガーZ」を美少女化したZちゃん(本多真梨子)、クールな佇まいの「グレートマジンガー」のグレちゃん(水瀬いのり)、おっとりお姉さん系「UFOロボ グレンダイザー」のグレンダさん(荒浪和沙)の3人。「無敵の力はみんなのために」ではなく「無敵の力はアタシのために」というイマドキの?女の子で、普段から鋼鉄の魂スーツをまとっている、一応は普通の人間。そのかわいらしい姿に″パイルダーオン〟したくなる。

 

 作品の主な舞台は練馬区大泉学園光子力町にある光子力研究所と光子力町商店街。世界征服を目標に掲げながら、万引きや食い逃げ、アニメの違法アップロードなどスケールの小さな悪事を行う群馬あたりにある地下帝国を相手にゆるーく戦っていく姿が描かれる。

 

 戦いでは美少女の体ながら「ロケットパンチ」「光子力ビーム」「サンダーブレーク」などおなじみの必殺技が炸裂。敵役のあしゅら男爵やガラダK7、ダブラスM2など機械獣もスーパーロボット同様、美少女に変身している。公開されたキービジュアルには「大空魔竜ガイキング」ガイちゃんの姿もあり、今後さらなるロボットガールズも登場しそうだ。

 

 Zちゃんの声を務める本多は「ストレス社会で生きる皆さんに、ふるぼっこの爽快感を楽しんでほしいです」とストレス解消に役立つ作品だとPR。さらに荒浪は「個性あるキャラクターに注目してほしいのはもちろん、久川綾さん演じるあしゅら男爵のパンチラも!」とお色気部分もアピールした。

 

 監督は「アクセル・ワールド」「ゆゆ式」などで知られる博史池畠。キャラクターデザインは「とある魔術の禁書目録」の川上哲也が務める。来年の放送に先駆け、30日には公式サイトがオープン。Youtubeなどではミニエピソードの″0話〟の配信もスタートしている。

 

スーパーロボット超合金 真マジンガーZ スーパーロボット超合金 真マジンガーZ


バンダイ
売り上げランキング : 1088

Amazonで詳しく見る