薬物依存の人気ロッカー壮絶治療

2013年07月25日 16時00分

 本紙昨報の「超大物シンガー薬物中毒」のニュースが波紋を広げる中、新たに大人気ロックグループの中心メンバーZにも薬物依存の過去があることが本紙の取材でわかった。ただ、Zは自ら中毒であることを自覚し、薬物依存脱却を目指す団体「ダルク」の支援を受け、米国で“極秘治療”を行ったという。その驚きの内容とは――。

 昨報の本紙記事で深刻な現状が分かった大物シンガーXの薬物依存情報には警察当局も重大な関心を示しており、逮捕は秒読みとも言われている。
 しかも、薬物使用の決定的な証拠を闇社会につかまれているというからタチが悪い。このままでは闇社会に大金をゆすり取られるか、当局に立件されるかのどっちかだ。

 そんななか、ある音楽関係者は「一番心配なのは本人の健康面。このままでは取り返しのつかないことになる。Zのように薬物依存であることを認めた上で、更生施設に協力を仰いだ方がいい」とある人物の実名を挙げて話した。

 Zは、1990年代を代表する人気ロックグループの主要メンバー。東京ドームでもコンサートを行い、ミリオンセールスも記録している。

「ファンも、あの伝説的な別バンド並みに熱狂的なことで知られる。Zはソロとしても活躍。プライベートでは既婚者だが、ワケあって現在は、別居中のようだ」(前同)

 Zもまた10年以上前から薬物に手を染めてきた。ただ、先の大物シンガーXに比べてマシなのは薬物依存を自覚し、それを断ち切るためにリハビリ施設「ダルク」の門を叩いたことだ。同施設の事情を知る関係者が声を潜めてこう明かす。

次のページへ:5年以上前から国外で“極秘治療”>