パーティロケッツが初の恋愛ソング「セツナソラ」初披露

2013年07月08日 20時36分

 4人組アイドルグループ「パーティロケッツ」(パティロケ)が7日、東京・新木場スタジオコーストで開催されたアイドルフェスで8月21日にリリースされる新曲「セツナソラ」を初披露した。

 

 パティロケは渡邉幸愛(15)、吉木悠佳(15)、菊地史夏(13)、藤田あかり(14)によるグループでロックサウンドと高いパフォーマンスが特徴。この日のステージ全体を使った迫力あるライブでファンを熱狂させた。

 

 新曲はせつなくメロディアスなロックナンバー。「初めて恋愛系の曲で、共感できる歌詞もたくさん出てきます。私はケータイ小説が好きなのでケータイ小説が思い浮かびます」(藤田)と初の恋愛ソングで「リリースも8月21日で夏が終わるとき。夏の終わりや、恋するいろんなせつなさとか詰まってます。私たちと同世代の子に共感してもらえるのでは」(渡邉)と夏の終わりにぴったりな曲となっている。

 

 新曲に合わせて新衣装も披露した。髪にはパーソナルカラーを指したロック調の衣装でおへそもチラリ。「初めておなかを出してスースーしました。少し恥ずかしいけど夏らしい」(菊地)と笑うも「今までパティロケは猫耳とかわいい系だったけど、今回は露出もあるし、かわいいからロックへ進化しました」(吉木)と大人への成長にちょっぴり自信も見せた。

 

 これからいよいよ夏本番。夏にやりたいことを聞くと「海辺のライブ」「海水浴」に「お祭りでチョコバナナ」「花火」。ライブに遊びにと楽しい夏が待ちきれない様子だった。