ももち「矢口真里」関連の質問に困り顔

2013年06月23日 11時19分

“ももち”こと「Berryz工房」嗣永桃子(21)が22日、都内でデビュー10年目にして初となるフォトエッセー「ももちのきもち」の発売を記念して握手会を行い、約500人のファンが集まった。


「(Berryz工房の)メンバーは30秒くらいで読み終わっていた。スラスラ読めて分かりやすい本だなと思いました」と笑顔でPR。ももちが考えるアイドルの心得やエッセー、ショートストーリー、壇蜜との対談など実際は内容盛りだくさんだ。


 先日、ももちは自宅不倫&急性胃炎で事務所の先輩・矢口真里(30)が降板したネット番組「やぐちんげーる」のピンチヒッターを務めたが、報道陣が代役の話題に触れると「矢口さんのことはテレビの情報でしか知らないので、この本を読んで元気になってほしいな」とかわした。


 本紙も「代役を務めた後、連絡を取った?」と聞いたが一瞬、困り顔で固まった後、ただただ愛想笑いを浮かべて質問には答えなかった。