AKB内田眞由美らが禁断の“恋愛トーク”

2013年06月21日 16時00分

 AKB48の内田眞由美(19)、田名部生来(20)、中田ちさと(22)が20日、東京・新宿区の日本青年館大ホールで「Mousaの日~神宮外苑夢三大会~」を行った。


 同イベントは3人の所属事務所(Mousa)の恒例イベントで、今年で7回目を迎える。同会場はAKB48が2006年11月に初コンサートを行った記念すべき場所だ。3人で唯一、当時を知る田名部は「私は(AKB48の)第3期生なので、(コンサートには出演せずに)会場の外でTシャツを手売りしてましたね」と思い出を語った。


 イベントでは禁断の恋愛トークを展開。中田は「(AKBには)浮気という名の“推し変”がありますよね。でも、私は若い子やカワイイ子に行っていい。私に戻ってきてさえすればいいの」と会場の爆笑を誘い、田名部と大ヒット曲「三年目の浮気」を熱唱した。


 さらに、ウルトラセブンとウルトラ怪獣・ミクラスも登場。


 AKB48で“最強のオタクキャラ”の田名部が円谷プロとタッグを組み「怪獣擬人化計画」をスタートさせたため。第1弾として田名部と怪獣とのコラボグッズ「タナミクラス」が7月に発売される。田名部は「ミクラスさんと私が合体したんです。イベントにも応援に駆け付けていただいてうれしいです」と感動していた。


 また、内田は「20歳(を迎える)記念にフォトエッセイを出させていただいたんですけど、文章を褒めていただけて。口ベタで文章の方が伝えやすいので本を書けたら」と目標を明かした。