水道橋博士「退席」番組新レギュラー弁護士・八代氏ら

2013年06月21日 06時00分

 お笑いタレント水道橋博士(50)が生放送中に降板を宣言し退席したことで話題となっているテレビ大阪の討論番組「たかじんNOマネー」(土曜午後1時~)の新レギュラーとしてお笑いコンビ「メッセンジャー」の黒田有(43)と弁護士の八代英輝氏(48)がこのほど、発表された。

 

 会見は渦中の水道橋の話題で持ちきり。 黒田は「本当にツイてないなと思いました。先輩ですし、博学な方なので楽しみにしていた。ちょっとだけメイク室で話をしたんですけど、スタッフが悪いです!」と、いきなり毒を吐いた。

 

 八代氏は「(病気療養で)たかじんさんが抜け、水道橋博士が抜け、沈没する船ににしか見えない状況」と笑いながら、ぶっちゃけた。

 

 タレントの眞鍋かをり(33)も「たかじんさん不在の間に本当に無理だって思っても、博士がいることで心強かった。これから、どうするんだって絶望でしたが2人が来てくれて心強いです」と語った。

 

 また、眞鍋は絶えず、政界進出がうわさされるインテリ美女だが参院選に出馬はついての質問が飛ぶと番組関係者が「その質問はNGです」とさえぎった。

 

 しかし、眞鍋自身が「そんなこと言ったら、ホントみたいになっちゃう」と自ら切り込み、「出るんだったらAKBの方に出たかった」とバツグンの切り替えしで笑わせていた。

 

 元THE YELLOW MONKEYのボーカルの吉井和哉(46)との熱愛についても「事務所的にちょっと」と笑顔で話し、切り抜けていた。