AKB総選挙〝オカルト予想〟

2012年06月06日 12時00分

 「第4回AKB48選抜総選挙」(6日、日本武道館)の順位予想があちこちで行われている中、オカルト界ではAKBに関する〝ジンクス〟や〝呪い〟などから「1位はあの子しかいない」という結論になっているという。

 

 オカルト評論家の山口敏太郎氏は「AKBには数々の都市伝説があります。その都市伝説やジンクスを駆使すると意外な優勝候補が浮かび上がってくるのです」と指摘する。

 

 まず有名なのは「彩の呪い」だという。

 

 「名前に『彩』という文字が入るメンバーは不幸になると言われており、けがや脱退で8人のメンバーが不幸になっている。よって彩という文字が入るメンバーの上位入賞はない」と山口氏。

 

 トップ10入りの可能性がある梅田彩佳やNMB48の山本彩などが消えるのか。

 

 また、「ユニットの呪い」もある。これはAKB内ユニットに参加していると優勝できないというものだ。「この法則を使うと大島優子さん、渡辺麻友さんや柏木由紀さんという有力候補が消えるんです」(山口氏)

 

 さらに、速報で1位になったメンバーは優勝できないというジンクスがあるという。山口氏は「過去3回的中している。ゆえに大島の優勝をあえて外す予想ができる。そこでがぜん浮上してくるのが、篠田麻里子さんです」と1位を予想した。