脅迫された“ポスト壇蜜映画”

2013年06月14日 16時00分

「芸能界一エロいカラダ」の持ち主で本格的女優デビューする佐々木心音(23)の主演映画「フィギュアなあなた」が、15日の公開を前に大ピンチだ。同映画の配給会社スタッフX氏が、一部の熱狂的映画ファンとみられる男性から「こんなエロ過ぎる映画は公開中止せよ!! そうしなければ何するかわからないぞ!」と“脅迫”されていたことが本紙の取材で判明。X氏はこの男性に胸ぐらをつかまれ、突き飛ばされる“暴行”まで受けるなど、かなり危険な事態となっている――。

 事件は「フィギュア――」が公開される予定の東京・池袋の映画館「シネマ・ロサ」の裏手で起きた。脅された映画配給会社「角川映画」のスタッフX氏は、映画館で「フィギュア――」オープニングイベントの準備を終え、次の打ち合わせに向かう途中だった。

「40代ぐらいの男性。一見、普通の感じでしたがどういう類いの人物かは分かりませんでした。一緒に同行していた者と別れた後、それを見計らったかのように声を掛けられました」(X氏)

 実はこのX氏は昨秋、大ヒットした壇蜜(32)の主演映画「私の奴隷になりなさい」も手がけており、壇蜜のイベントでは司会者としても数多く登壇していた。トレードマークの金髪で業界内ではちょっとした有名人でもあった。

 そのX氏が、こう続ける。

「いきなりその男性から『壇蜜のイベントで司会をしていた金髪の方ですね』と言われたんです。見れば分かるとおり黒髪だなんて言えませんからね(苦笑)。待ち伏せされた? おそらくたまたま、出くわしたんだと思いますが…」

 今回の作品は“ポスト壇蜜”と呼ばれる佐々木主演。監督がエロチシズムの鬼才、石井隆氏ということもあって、壇蜜の「奴隷――」に勝るとも劣らない過激なエロス表現がセールスポイントの一つだ。

 当初、その40代男性はX氏に対して穏やかに話していたが突然豹変!