インパルス板倉と遠藤久美子が「怪しい仲」に?

2013年06月13日 16時00分

左から堤下、板倉、遠藤久美子

 お笑いコンビ「インパルス」の板倉俊之(35)、堤下敦(35)が12日、都内で行われた映画「樹海のふたり」(7月6日公開)の舞台あいさつに、女優の遠藤久美子(35)らと登場した。
 
 インパルスの2人はともに映画初主演。自殺志願者が訪れる場所として知られる樹海(山梨)を舞台にしたヒューマンドラマで、板倉と遠藤は夫婦役を演じたのだが、なにやら怪しい雰囲気が…。
 
 MCから「2人の間に本当に子供がいるようですよ」と息の合った仲を指摘されると、板倉は「よせや」と赤面。遠藤が「板倉さんと竹内さん(同作品での板倉の役名)がリンクした」と話すと、堤下から「ホレてんじゃん」とツッコまれた。
 
 さらに板倉が「樹海から帰ってきて身も心も疲れ果ててる時に、(遠藤が自宅の)ベランダから手を振ってくれるシーンがある。忘れられない」とご満悦の様子で振り返ると、遠藤も「家族全員で抱きしめたい気持ちでした」と呼応。ここまではよかったが、「捨てられた子犬みたいだったんです」と続け、板倉を苦笑いさせた。