新女王・指原 総選挙の「顔ひどかった」と自虐

2013年06月11日 11時00分

「AKB48選抜総選挙ミュージアム」にサプライズ来場した指原 (C)AKS

「第5回AKB48選抜総選挙」で1位を獲得したHKT48の指原莉乃(20)が10日、東京・ベルサール秋葉原で開催中のイベント「AKB48選抜総選挙ミュージアム」にサプライズ来場。AKBの“新女王”らしからぬヘタレ節を繰り広げた。

 

 総選挙後、初めてファンの前に姿を現した指原は観客から「おめでとう!」と祝福され、テレ笑いを浮かべた。ステージに上がった指原は「実感も正直まだあんまりわいてなくて…。不安もたくさんあって、(自分がセンターで)売れるかどうかも分からないですし、まゆゆ(渡辺麻友)と(大島)優子ちゃんがサイドに立ってて心配な気持ちもあるんですけど…」と後ろ向き発言のオンパレードだった。

 

 さらに、ステージ後方のスクリーンに総選挙1位発表の映像が流れると、指原は「今見ても嘘みたいな映像ですけど、今大きな画面で見ると自分の顔がひどかった」と自虐コメントで会場を笑わせた。

 

 最後は総選挙を思い起こすように、1位の椅子に座り、はにかみながらもどこか申し訳なさそうだった。