まだまだトップ譲らない大島優子

2013年06月08日 07時00分

【AKB48選抜総選挙:本紙記者の順位予想(2)】野球取材班ながら社内きっての「AKB通」の中日担当・霞上記者も順位予想に参戦。昨年、一昨年とプロ野球楽天・田中将大投手(24)に順位的中数で勝利を収めた妻子あるアラフォー記者が、高木竜取材以上に熱を入れて取り組んだガチ予想をお送りする。

 昨年1位だった大島優子が連覇するとみた。速報順位はまさかの3位だったが人気、実力とも衰え知らずで、まだまだ若手にトップの座を明け渡すことはないだろう。

 2位はこれまた前回に続いてAKBの次世代エース候補ナンバーワンの渡辺麻友。スキャンダルさえ肥やしとしてしまう速報1位の“ヘタレのさしこ”こと指原莉乃は3位どまりか。

 台風の目は島崎遥香。6位とにらむが、記者の小6の娘が通う学校では「ぱるるが一番人気」とのこと。もしかしたら、さらに上もあるかも。

 記者の推しメン・小嶋陽菜(25)は速報では20位スタートと大幅に出遅れたが、きっちりまくってベストテン入りすると信じている。

【次のページ:中日担当・霞上記者のAKB48選抜総選挙順位予想(1〜16位)】

関連タグ: