つるの 矢口に「ヤッたなら『ヤッた』と言え」

2013年06月07日 11時00分

 俳優・つるの剛士(38)が、かつての同僚の“自宅不倫”に大興奮! 6月9日の「ロックの日」に先がけて6日、都内で行われた「カギの閉め忘れ防犯アクション」発表会に登場したつるの。  年下モデルとの“自宅不倫”騒動で渦中の矢口真里(30)と「ヘキサゴンファミリー」として共演していたつるのは「ヤグっちゃんね~。自分だったらどうしようかな」とニヤニヤ。 「外側から鍵をかけて中の様子がどうなるか見たいけど…。いやぁ、興奮しますね。エロいですね!!」と妄想をたくましくしていた。

 

 また「本人から聞いたわけじゃないし、夫婦で話し合って決着がついているんだろうけど、人気者なので出てきて本人の口から、やったなら『やった』。やっていないなら『やっていない』と言ったほうがいい。みな心配しているので」と、かつての盟友にアドバイスした。