峯岸みなみ告白「丸刈り」の真相

2013年06月09日 11時00分

 AKB48の峯岸みなみ(20)はなぜ丸刈りにしたのか? 研究生に降格処分となった“あの騒動”は、海外でも報道され峯岸は世界中の有名人になった。あれから4か月余り…ついに峯岸自身の口から語られた、衝撃の真相とは――。

 ――“丸刈り”にしなければ、あれほど大きな騒動にならなかったかも

 峯岸:あの時は坊主にしなければならないとかはありませんでした。私から(運営側に)「(ファンなどに)謝罪をさせてほしい」とお願いをしたんです。私はそのための撮影の準備をしていました。

 ――その撮影直前に自ら髪を切った

 峯岸:本当は髪がある姿で撮影をする予定でした。

 ――あの行動は大胆すぎて皆驚きました

 峯岸:そうですね…。でも、あの時は自分の考えに(丸刈りが)反省の表れというイメージがあった。気持ちが伝わるのはどうしたらいいのかなって…。今思えば、もう少し考えていればと思います。AKBのイメージにも傷をつけてしまいました。ただ、あの行動は、気が動転したからではありません。ちゃんとした意識でやりました。

 ――AKBを辞めようとは思わなかった

 峯岸:あの時は辞めるという考えはありませんでした。13歳で入ってから、ずっとここ(AKB)でしか生きてこなかった。他の生き方が分からなかったというのと、本当に自分勝手ではあるんですけど、不祥事で辞退することが、今までAKBとしてやってきたなかで、嫌だと思ったんです。全員でなくても、ファンの方が何人かでも頑張っている姿を認めてくれた時に、卒業できたらと思ったんです。