宍戸錠 「バカ市長!」と橋下徹氏に怒り

2013年05月22日 11時00分

 俳優の宍戸錠(79)が21日、映画「G.I.ジョー バック2リベンジ」公開記念イベントに登場した。
 
 2009年に公開されヒットした「G.I.ジョー」の第2弾は、3D化されますますパワーアップ。6月7日に一部で先行上映され、翌8日に全国公開となる。宍戸は「ジョー宣伝司令官」に就任し、今夏の話題作を盛り上げる。
 
 イベントで映画のキャラクター「スネークアイズ」を相手に、銃の早撃ちに挑戦した宍戸だが「ピストルも10丁持っていたけど焼けちゃったしね…」とため息をつく。今年2月に東京・世田谷区の自宅が全焼した痛手から、まだ立ち直れないようだ。
 
 愛妻は3年前に他界し3人の子供も独立しているため、ホテルを転々とした後、現在は賃貸マンションで一人住まい。この日も「(全焼した自宅を取り壊して)更地にするのに1100万円かかって腹が立っている」とブチまけたが、ただでは起きないのが“エースのジョー”だ。
 
 宍戸といえば「抱いた女性の数」で世界3位(12年時点で1331人)を自任するが、本紙が最近の更新頻度を聞くと「焼けてからは3人」と、“アラ80”にして1か月1人のペースで女性を抱いていることも打ち明けた。
 
 無類の女性好きなだけに、橋下徹大阪市長(43)や西村真悟衆院議員(64)の「慰安婦」発言にはおかんむりだ。「大阪のバカ市長! あいつが、慰安婦がどうとかこうとか言っているけど、あれは相手にしなくていいです」と語気を強めた。