“かわいいファッション絵本”人気女性誌はパンツNG

2013年05月15日 15時51分

 女性ファッション誌「LARME(ラルム)」のシークレットパーティー及びトークイベントが14日、都内で行われた。
 
 同誌は“甘くてかわいい女の子のファッション絵本”をコンセプトに昨年9月に創刊。多くの女性誌が対象にしている「女子大生のキャンパスライフ」や「キャリアウーマン」とは対極の世界観を打ち出している。その差別化が支持され、創刊号から3号まで10万部、4号は15万部と、低迷する女性誌の中でも異例の部数増となっている。 
 
 27歳にして編集長を務める中郡暖菜氏は「新参者としては部数は多いのでうれしいですね。最近は『ラルム系』や『ラルム女子』という言葉も聞こえてくるので、少しずつ浸透してきているのを実感します」と語った。
 
 もともと中郡氏は、別の出版社の女性ファッション誌に携わっていたが、廃刊を機に退社。フリーで売り込みを開始し、徳間書店が今回引き受けることになったという。徳間書店といえば男性向けの週刊誌「アサヒ芸能」やエンタメ誌が強みだけに、女性ファッション誌を刊行することには「社内でも議論があった」(関係者)。
 
 だが、同誌では「女の子はパンツをはきません。ワンピースかスカートだけ」(中郡氏)というファッションなので、ある意味男性ウケするかも!? たしかにこの日招待された女性読者らはみんな生足をさらしていた。今後の展開が注目されそうだ。