15歳の「ViVi」モデル・玉城ティナが妖艶な色気

2013年04月19日 11時00分

「『ミスiD2014前夜祭』~明日のアイドルの話をしよう会議~」が18日、都内で行われ、前年グランプリを獲得した「ViVi」専属モデルの玉城ティナ(15)や審査員のプロインタビュアー吉田豪(42)らが出席した。


 同オーディションは、才能ある新しい女の子を発掘することを目的にしたアイドルプロジェクト。昨年は、ヤンキーアイドルや文芸コスプレアイドルが誕生。


 今回のオーディションで審査員を務める玉城は現役中学生とは思えない妖艶な色気を放ち「無理につくらず、いいところを前面にアピールしてほしい」と覇者の条件を語った。


 一方、吉田は「アイドルを取材する側ですけど、アイドルの皆さんは弁が立つし言いたいことがものすごくある人たち。何か武器のある子に来てほしい」と参加者に向けてメッセージを送った。