今井絵理子議員 選挙応援でマイクを握りながら歌えないもどかしさを告白

2019年04月05日 16時15分

SPEEDの血がうずいた

「SPEED」元メンバーで自民党の今井絵理子参院議員(35)が4日、インスタグラムを更新した。

 選挙応援のため、全国を回っている今井氏は、千葉・習志野市を訪問。

 習志野高のセンバツ準優勝に触れ「甲子園で惜しくも準優勝となりましたが、“美爆音”の応援でも話題になった習志野高校のお膝元、習志野市へ」と報告した。

 習志野高は吹奏楽部も有名で、伝統的に金管が強い。また「東北のウィーン」を名乗る福島・郡山市のように、市全体で「音楽のまち習志野」をPRしている。

 そうした中、街頭で応援マイクを握った今井氏だったが、さすがに歌うわけにはいかず「音楽の街とはいえ歌えなかったけど(笑)」と苦笑い。無念さを表現しつつも、元トップアイドルの血をうずかせた。