蓮舫氏 安倍首相に塚田一郎副国交相の罷免を要求「忖度、税金で予算をつけた」

2019年04月04日 11時33分

蓮舫氏

 立憲民主党の蓮舫副代表(51)が4日、ツイッターを更新し、塚田一郎副国土交通相に言及した。
 
 塚田氏は1日に北九州市で、下関と北九州を結ぶ下関北九州道路の建設計画をめぐり、安倍晋三首相(64)と麻生太郎財務相(78)の地元事業と紹介し「私が忖度した」などと発言した。

 蓮舫氏は「安倍さん麻生さん道路を忖度、税金で予算をつけたと明言した塚田国交副大臣。これは利益誘導です」と責任を追及。

 一方で「名前を使われ、忖度されたと言われた安倍総理は、税金の使われ方に疑義を持たせた塚田国交副大臣を罷免すべきです」と安倍首相に行動を促した。

 蓮舫氏は3日も「国民ではなく派閥トップと総理のための行政。なんだこれは」と、塚田氏の忖度発言を批判していた。