占い師タレント・ラブちゃんが公開「モテ5か条」まずはワンランク上の時計

2019年04月05日 11時00分

オトす力もラブちゃんにお任せだ!

 出会いの季節到来! トランプ米大統領の当選から、ピエール瀧こと瀧正則被告の逮捕まで次々と予言を的中させている占い師タレント「Love Me Do」ことラブちゃん(年齢非公表)が、今度はモテ方を指南だ。このほど著書「鏡の中のりんごは何色ですか?」(サイゾー)を上梓したカリスマ占い師は、占いのパワーを「モテ」にも使えると説く。そこで本紙だけに明かした、超簡単な“オトす秘術5か条”を公開しよう。

 新入学、新社会人など春は出会いの季節だ。中には好みの女性がいるかも!? だが、やみくもに接触するより、何か役立つものがあった方が効率的だろう。「それには占いがオススメです!」と強調するのはラブちゃん。まず、最初にやるべきことに挙げるのは「ワンランク上のアナログ腕時計を身につけよ」だ。

「風水の考え方なんですが、地球の自転や公転、春夏秋冬のサイクルなど、円はエネルギーの循環を表します。アナログの腕時計もそう。身につけることで、自分にもエネルギーを引き寄せることができるのです」

 事実、ラブちゃんは某現役Jリーガーに「占って」と頼まれ「60万円ぐらいのアナログ腕時計を身に着けて」とアドバイスしたところ、その選手はレギュラーに定着。バリバリプレーするばかりか、女性からもモテモテらしい。

「注意したいのは自分の収入から考えて、ワンランク上の値段を選ぶこと。安物だと効果が得られず、高級すぎても実現しません」

 エネルギーを充填したら、次は女性のチョイスだ。選ぶ基準は「顔のパーツが似ている人を探す」こと。

「目、鼻、口などパーツごとに見るんです。全体では似ていなくても、パーツで似ているところがあれば、相性が良くなる可能性が高い。これは人相術の考え方ですね」

 爆笑問題の太田光・光代社長、安藤サクラと柄本佑、野球評論家の野村克也氏と故沙知代さんなど、いわゆるおしどり夫婦と呼ばれるカップルはたしかに似ているような…。「角野卓造さんと近藤春菜? 相性バッチリ(笑い)」とラブちゃん。また「仲の良い友人と同じ星座の異性を探す」のも有効だ。「自分が仲が良いということは相性が合う星座にほかなりません。そこでふるいにかけましょう」

 意中の女性を見つけたら、次はいかに“お持ち帰り”するか。そのためには「口の中をキレイにすべし」。

「口の中は家の中と同じ。汚い家に入りたいと思わないじゃないですか。なので、歯石をとり、虫歯をなくすことで、女性をお持ち帰りする運が上がるというわけです」

 ここで「セックスアピールを暗示するのが大事」とラブちゃんは声を大にする。

「男性も女性もくちびるは性器を表します。なので、自分のくちびるにはリップクリームを塗っておくと『僕が潤してあげる』という暗示になります」

 だが、いざベッドインしても下半身がフニャチンでは話にならない。“決戦”に備え、東の方向に青い物を置いておこう。

「東は元気になる方向なんですが、そこに青い物を置くことで男性器がエレクトしやすいんです」

 だまされたと思って試してみてはいかが?