和牛・水田 宝くじ当たったら「漫才大会開いて優勝する」

2019年04月01日 13時18分

ポーズを取る和牛の水田(左)、川西(右)と笑福亭鶴瓶

 落語家の笑福亭鶴瓶(67)とお笑いコンビ「和牛」(水田信二=38、川西賢志郎=35)が1日、東京・西銀座チャンスセンターで「ドリームジャンボ宝くじ」「ドリームジャンボミニ」発売記念イベントに登場した。

 平成最後の「ドリームジャンボ宝くじ」は1等賞金3億円、1等の前後賞が1億円、1等・前後賞合わせて5億円。「ドリームジャンボミニ」は1等賞金3000万円、1等の前後賞が1000万円、1等・前後賞合わせて5000万円。どちらも1枚300円で、26日まで発売される。抽せんは5月10日。

 和牛にタックルされ、用意された5億円にトライした鶴瓶は「すごいわ。どうしたらいいかわからへん」とニヤニヤ。

 学生時代ラグビー部だった川西は、トライしたいことを問われると「最多舞台数更新。今まで一日11ステージが最高数です」と明かした。

 さらに水田は「5億円当たったら漫才の大会を開きたい。審査員がどのボタンを押しても和牛しか出ない。押し間違いをしたとしても優勝したい!」と笑わせた。