苫米地氏「中島さんは洗脳されていない!」

2013年04月19日 16時02分


 ――でも世間的には中島は「普通ではない」状態になっている


 苫米地:普通じゃないのはまずあのテレビ(テレ朝の「ワイド!スクランブル」)。退院した当日、フラフラの状態でカメラを突きつけた。そこが問題だよ。入院中は精神科医も関わっているから念のために強い薬とかも飲ませている。だから、心療内科的薬物の影響でまだ目つきも定まってないし、思考明瞭じゃない。その状態でカメラを向けたから普通じゃなく見えただけなのよ。


 ――至って普通だと


 苫米地:全く普通。ただ、一つは性格の問題があるでしょ。もともと彼女は事務所の言うことを聞かない、相方とケンカするような性格なのかもしれない。


 ――中島と懇意にしていた女性占い師については


 苫米地:俺は実際に会って話をしているよ。その女性占い師が本当に洗脳する能力があるか確かめなきゃいけないからね。で、世の中の人は(中島を)洗脳したって言っているが、彼女にはそんな能力はない。洗脳って2つしかない。宗教のような教義的システムを使う場合、もう一つは薬物を使った軍事洗脳。彼女にはそんな方法論が全くない。もしかしたら彼女の占いが当たったことがあり、中島さんの中で占い師として評価が高かったのかもしれないけどね。でも、人を洗脳する宗教団体のお偉いさんみたいな能力はないし、朝鮮総連の跡地を買うような財力もない。ごく普通の気が弱い女性だ。


 ――女性は今、どうしているのか


 苫米地:職業を失って食うに困っている。完全に社会からはじき出されて大変な状態になっている。これってマスコミ報道の冤罪じゃない? 俺は人権問題だと思っているよ。


 ――今、中島さんが占い師を追いかけている


 苫米地:それは中島さんが彼女(占い師)に迷惑をかけたことをすごく申し訳ないと思っているから。中島さんと彼女は女同士の親友。で、2人の関係性は、ずっと中島さんが主導権を握っていたんだよ。中島さんがすべて物事を決めていた。世の中で言われているのと全く逆。だから中島さんは占い師の言ったことで行動なんかしていない。むしろ占い師が中島さんに従っていた。中島さんがお金を使っちゃったことは占い師とは関係ないし、単に中島さんに浪費癖があったから。


 ――ただ単に2人は仲が良かっただけ、と


 苫米地:そう、すごく仲が良かったんだよ。疑似恋愛というか…。レズビアンではないけど、女の子同士ですごく仲いい子たちっているでしょ。カップルで同じTシャツ着るようなさ。そういう気の合った友達だったの。これが両方の女性を見ての俺の感想だよ。


 ――では今の2人の関係を例えるなら


 苫米地:自分のせいで迷惑をかけ別れることになった恋人に対する「ごめんなさい」みたいな感じ。ただし、男女の関係のような恋心ではないし、レズビアンでもない。中島さんからすれば、1~2年も生活を共にした親友が自分のせいで完全に職を失い、(占い師の)自宅にはいまだに週刊誌がやって来る。彼女に対して「ごめんなさい」みたいな感じだよ。


 ――2人は今は会っていないのか


 苫米地:現実問題として連絡は取れていない。ただし、俺は両方と話をすることができるから、いずれは俺の前で2人を会わせたいと思う。