アンガ田中が“職権乱用”テレ東・鷲見アナに花束渡し「自宅でゲームデートしたい」と口説く

2019年03月28日 12時04分

左から角谷暁子アナ、田中卓志、鷲見玲奈アナ

 お笑いコンビ「アンガールズ」の田中卓志(43)が28日、都内で行われた国内最大級の高校対抗eスポーツ大会「STAGE:0 eSPORTS High―School Championship 2019」概要発表会見に出席した。

 大会アンバサダーを務める田中は、昨秋から始まったテレビ東京の番組「有吉ぃぃeeeee!そうだ!今からお前んチでゲームしない?」で、本格的にゲーム修行に励んでいるという。

 角谷暁子アナ(24)が「何かに熱中している姿がすてき。ゲームに打ち込む高校生はモテると思う」とコメントすると、田中も「優勝すれば学校の人気者になってモテると思う」と深くうなずく。

 そして、自らについても「ゲームにはここ半年でかなりの時間を費やしてきた。全然モテないので、これが突破口になるかも」と自信を深めた。

 その勢いに乗り、鷲見玲奈アナ(28)に花束を渡すと「自宅でゲームデートしたい。いいでしょ、行っても。あなたたちはサポーターなんだから。ゲームの練習相手になってほしい」と、アンバサダーの立場をフルに活用して口説きに入った。

 両アナはキモ男の強引な迫り方に困惑したが、ここから田中が本領を発揮。「実は番組以外の活動は、有吉さんが異常に嫌がる。これは事前に言っていないので、後で呼び出されると思う。事後報告しないといけないので、一緒に謝ってほしい」と泣き顔で両アナに懇願。情けなさ満点で笑いを誘った。

 同大会は日本コカ・コーラ、サードウェーブなどがタッグを組み、eスポーツの発展と世界で活躍できる“脳力”を持った日本人選手の輩出を目指す。タイトルは「CLASH ROYALE」、「FORTNITE」、「League of Legends」の3つ。28日からエントリーが始まり、オンライン予選、ブロック代表決定戦を経て、8月14、15日に舞浜アンフィシアターで決勝大会が開催される。