乙武洋匡氏「僕らはみんな村本大輔を目指すべき」とブログで敬意

2019年03月28日 10時34分

番組で共演した

 作家の乙武洋匡氏(42)が27日、ブログを更新し、お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔(38)に言及した。

 乙武氏はインターネットテレビ「Abema TV」の番組「AbemaPrime」で昨年10月からMCを務め、村本と共演していた。

 その村本が25日に番組を卒業したことで、乙武氏は村本の印象をつづった。

「ウーマンラッシュアワー村本大輔。めんどくさい男だけど、いつも大切なことを教えてくれる人」と題した乙武氏は、村本のツイッターでの活動ぶりを紹介。

「村本さんといえば、すっかり炎上芸人の名を欲しいままにしている。毎日のようにフォロワーと激しい応酬を繰り返すだけでなく、ときには高須克弥さんや百田尚樹さんといった保守思想の方々を挑発してはリプライ欄におびただしい数の批判コメントを書き込まれている」と指摘した。

 一方で「村本さんとは友人関係にあるが、つねに意見が同じとも限らない。番組でも何度か意見を戦わせることがあった。しかし、そんなことは重要ではない。たとえ異なる意見を持っていようが、私は村本さんから多くを学んでおり、もっといえば、僕らはみんな村本大輔を目指すべきだとも思っている」と尊敬の念も隠さなかった。

 こう書き込んだことで、乙武氏は自身も批判を受けることを予想。

「す、すごい……。この時点ですでにアンチ村本からのすさまじいまでの圧を感じている 『あんなやつを目指せとはどういうことだ』(中略)もう、彼らのセリフまで脳内で自動再生される始末だ」とおののいた。

 しかし、乙武氏はこう反論した。

「たしかに、のべつ幕なしにケンカを売りまくるスタイルはいかがなものかと思うし、よく酒の勢いに任せてツイートするので言葉が必要以上に荒くなるという悪癖もある。それでも私は、もう一度言う。僕らはみんな、村本大輔を目指すべきだと思っている」