桑名美勇士 裕也さんしのぶ「僕ら息子が魂を受け継いでいけたら」

2019年03月27日 23時56分

桑名美勇士(左)と平尾勇気

 伝説のロック歌手・故桑名正博さん(享年59)とアン・ルイス(62)の息子でミュージシャンの美勇士(37)が27日、東京・中央区のライブハウス「銀座TACT」で行われた、故平尾昌晃さん(享年79)の三男・平尾勇気(38)のライブに駆けつけた。

 17日には、2人の父親と親交が深かった内田裕也さん(享年79)が亡くなったばかり。桑名さんが裕也ファミリーだったことで、まさに生まれる前からの付き合い。13歳でのデビューの場も裕也さんの「ニューイヤーズワールドロックフェスティバル」だった。

「今ごろ、桑名は裕也さんが来て大変だと思う。なんといっても、僕らロック界の大ボスだから。ジョー山中さんや安岡力也さん、次々とお父さん代わりの方が亡くなって悲しい。怖いけど優しい先輩だった。僕ら息子が魂を受け継いでいけたら」とロック魂の伝承を誓った。

 桑名さんが2012年に亡くなった際は、裕也さんが自ら橋下徹大阪市長(当時)に掛け合い、遺影を掲げたベンツで御堂筋をパレードした。美勇士は「僕らは静かに送ろうと思っていたが、あれは裕也さんのアイデア。桑名は大阪をつくった人間で、お前がいるのも桑名のおかげと橋下さんに認めさせた」と振り返った。

 4月3日に予定されている裕也さんのロック葬については「ロックのボスの葬儀なので、出席者だけでフェスができると思う。悲しいけど受け継いで前に進まなきゃいけない。明るく送りたい。叱ってくれる人がどんどんいなくなるのは悲しい」と語り、偉大な故人をしのんだ。