桑名美勇士&平尾勇気“騒動ブラザーズ”結成?

2019年03月27日 23時13分

平尾勇気(左)と桑名美勇士

 2017年に死去した作曲家・故平尾昌晃さん(享年79)の三男でセレブ歌手の平尾勇気(38)と、伝説のロック歌手・故桑名正博さん(享年59)とアン・ルイス(62)の息子でミュージシャンの美勇士(37)が27日、東京・中央区のライブハウス「銀座TACT」でライブを行った。

 平尾さんがアンのヒット曲「グッド・バイ・マイ・ラブ」を提供したという縁があり、勇気がデビューした際には桑名さんが優しく声をかけてくれたという。勇気は「桑名さんはとても愛のある人で、僕のステージを見てくれて『ギターを弾かなあかんぞ』と手紙付きでギターを贈ってくださった」と感謝する。

 2人は二世という境遇が似た者同士だっただけに打ち解け、ユニットを組んで一緒に営業を回ったこともあるという仲だ。桑名さんの「月の明かり」を歌った勇気は「何かとお騒がせの桑名乃羅さんです」と、隠し子騒動が記憶に新しい美勇士をいじりながら呼び込み、2人で名曲「セクシャルバイオレットNo.1」を熱唱した。

 長く共演していただけに、リハなしでもステージはバッチリ。美勇士は「僕らは2人ともグッド・バイ・マイ・ラブの印税で育った。で、そっちは相続税、こっちは偽者でもめて、普通の人生を歩ませてもらえない。勇気をテレビで見て、こっちは平和やなと思っていたら、偽者騒動が起きた。だいたい乃羅さんは俺より似ているから。こうなったら、清水良太郎(30=覚醒剤取締法違反で逮捕され執行猶予中)や高畑裕太(25=強姦致傷容疑で不起訴)ら、問題のある二世を全部連れてこようか」と自虐ネタで笑いを誘った。

 ある時期、ワイドショーは2人のネタで持ち切りだった。勇気は「これを機に騒動ブラザーズとして、いや叩かれ二世ブラザーズとして活動しようか。でも、言っておくが、俺らは法律を違反するような悪いことはしてないから。見かけで判断されがちだけど」と“潔白”を主張した。

 美勇士は久々にカメラに囲まれ「僕は偽者と分かって仕事が激減した。2か月前はどこ行くにもカメラがついてきて街でも声をかけられたのに、今は誰も見向きもしない。昨日なんて一人でマクドナルドだから。誰にも気づかれない。騒動が終わったらこんなもの。勇気も解決しないほうがいいよ。芸能界は言われるうちが花だから」と“戦友”に貴重なアドバイスを送った。