堀ちえみが退院 帰宅後に娘とスーパーへ「当たり前の日常」に幸せ実感

2019年03月26日 16時12分

堀ちえみ

 2月22日にステージ4の口腔がんの手術を受けたタレント・堀ちえみ(52)が26日、自身のブログを更新し、退院したことを明かした。

「いつも温かいコメントを頂き、ありがとうございます」と冒頭で感謝の気持ちを表した堀は「お陰様で術後の経過も順調で、思っていたより回復も早く、本日無事に退院する事が出来ました。綺麗に咲き誇る、病院の桜の花に見送られる気分で、退院致しました」と報告した。

 さらに「先生方を始めとする医療関係者の皆様にも、感謝の気持ちで一杯です。今の医学の進歩と技術にも驚きました」とつづり、こう続けた。

「ほんの一ヶ月前は、自分の命がどうなってしまうのかと、とても不安な状況でした。それが今、こんなに元気になり、あんなに痛かった腫瘍も全部なくなりました。生まれ変わった…そんな気持ちです」

 医師から手術で「癌は全て取りきれた」と報告を受けており、今後は経過観察のため定期的に通院する。「言語がおぼつかない状況ですので、まだまだリハビリは続きます。普通に会話が出来る様に、頑張りたいと思っています」

 この日は自宅に戻ってから娘と晩ご飯の材料を買いに行ったそうで「久しぶりにスーパーで買い物をしました。そんな何気ない当たり前の日常を、当たり前に過ごせる事、それが一番の幸せなんだと心から思いました」。最後は「これからは生きている事に感謝をして、これからの人生を大切に過ごしていきたいと、そう思って居ります。今後とも宜しくお願い致します」とつづった。