大原優乃 10代でやり残したことは「自転車に乗れない」

2019年03月24日 12時58分

大原優乃

 元Dream5のメンバーでタレントの大原優乃(19)が24日、都内で卓上カレンダーの発売記念イベントを行った。

 上品なベージュ色の衣装で登場し「寂しくなったらこのカレンダーを見てください。私が寄り添ってます」と笑みを浮かべた大原。10月8日に20歳の誕生日を迎えるとあって、今年で10代卒業。「やり残したことがあって、自転車に乗れない。出身が鹿児島県で山道が多くて、お母さんから自転車禁止だと言われていた」と明かした。

 さらに「オーディションで『自転車に乗れますか?』と聞かれたことがあって。10代のうちに、お仕事のためにも乗れるようになりたい。代々木公園あたりで練習したいです」と意気込んだ。

 最近は、日本テレビ系連続ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」に出演し話題となった。

 今後について問われ「演じるんじゃなくて、その役になるっていう女優さんになれるように頑張りたい。等身大で学園ものをやってみたかったので、今回の作品でかなった」と満足そうに話すと「土屋太鳳さんに憧れている。お芝居はもちろん、人柄にあふれていて、ダンスも本当にすてき」と明かした。