森咲智美 カンパニー松尾監督の演出ドラマ「刺激的だった」

2019年03月23日 00時09分

森咲とカンパニー松尾監督

「日本一エロすぎるグラドル」と呼ばれる森咲智美(26)が22日、都内で行われた主演ドラマ「〜元気の出るごはん〜タチ喰い!」(テレビ東京系、深夜0時12分)の放送記念イベントに参加した。

“アダルト界のカリスマ”カンパニー松尾監督がテレビ初演出したドラマは、手料理を作ってくれる相手と知り合えるという夢のようなマッチングアプリ「コレゴハ」を使って森咲らヒロインたちと出会うという内容。今回はパイロット版ということで、18日と25日の2夜のオンエアとなった。

 18日放送回に出演した森咲は「初のヒロイン役ということだったので、緊張した」と撮影を振り返った。撮影前には松尾監督の作品も見て勉強したという。「車の中でいろんなことをされてたり、ノーパンで制服を着るという刺激的なものだった。こういう感じで撮られるんだと勉強になった」という。

 また、25日の放送回でヒロインを務めた“浪速のブラックダイアモンド”橋本梨菜(25)もイベントに参加。ドラマの仕上がりが、かなり際どいそうで、「いつものグラビアはビーチを走っているとか、健康的なイメージ。セクシーとはかけ離れたものが多かった。今回、『エロい』と言われているけど、私にとっては新しい挑戦。オンエアが待ち遠しい」とアピールした。